利用規約

noomo 利用規約(以下、「本利用規約」といいます。)が所有、運営する noomo モバイルアプリ(以下、「noomo」といいます。)をダウンロード、アクセス、利用するユーザー(以下、「ユーザー」といいます。)を対象とします。
本利用規約はユーザーの権利に影響を与えるため、noomoを利用する際は、必ずお読みください。noomoを利用する際は、本利用規約のすべての内容を読み、理解し、同意、了承したものとみなされ、以下の第2条1項のとおり本利用規約を遵守し、その制限を受けることに同意したものとします。同意されない場合は、noomoを利用されないようお願いします。本利用規約に関し、不明な点がある場合には、support@noomo.jpのメールアドレスまでお問い合わせください。
第 1条:noomoの目的
noomoはHours株式会社が所有・運営するモバイルアプリで、ユーザー同士をマッチングし、noomo提携店舗でお食事会を楽しんでいただくことを目的とします。noomoは出会い系のサービスではなく、お食事会をするためのマッチングアプリです。
第 2条:ユーザー
noomoの利用条件
  • noomoのユーザーは、18 歳以上とします。noomoは、18 歳未満の方向けには設計していません。
  • noomo は個人的に利用することのみを目的とします。ユーザーは営業目的で(他のユー ザーに我々が提供していない商品やサービスを売買することを目的として営業、宣伝、広告すること等を含みますが、これらに限られません。)noomoを利用することはできま せん。
  • 反社会的勢力と認められる方、宗教勧誘目的の方、各種規制・ルールを遵守出来ない方は、noomoを利用することはできません。
  • 管理者は、ユーザーが上記のいずれかに該当する場合、または該当する恐れがある場合、新たなユーザーアカウントの交付を拒否する権利、登録済みユーザーアカウントを削除する権利を有します。
ユーザーアカウント
1. ユーザーアカウント登録ユーザーが最初にnoomoを利用する際は、我々の規則に従いユーザーアカウントを登録する必要があります。ユーザーはnoomoのアプリからアカウント登録をすることができます。はじめに、ユーザーは、申し込みフォームに情報を入力することによりユーザーアカウントを登録することができます。または、既存のFacebookアカウントを利用して直接登録す ることもできます。申し込みフォームに、ユーザー名、メールアドレス、パスワードの必須情報を入力します。 ユーザーが、Facebookアカウントを利用して直接登録する場合は、 noomo がユーザーのFacebookのアカウントから得られる特定情報(個人情報、友達リスト等を含みます)を取得し、使用することに同意したものとします。Facebookアカウントを利用して、もしくは申し込みフォームでアカウント登録が完了した後、ユーザーはプロフィールページに情報を入力します。必ず入力しなければならない必須情報は、プロフィール写真、名前、性別、生年月日、職業、年収です。また、ユーザーは、自己紹介、学歴などの他の任意情報を選択して登録することができます。なお、noomo 利用中に、これらの情報を更新することができます。オーガナイザーとしての役割を果たすユーザーは、本利用規約に従って、noomoが送金取引を行うため、プロフィールページに銀行口座情報を登録する必要があります。アカウント登録は、ユーザーがすべての必須情報を入力し、noomoに送信したときに完 了します。noomo が、ユーザーにアカウント登録が完了した旨の通知を送信した後からユーザーは noomoのサービスを利用できます。
次回以降、ユーザーは再登録せずに登録済みのアカウントでログインすることができます。パスワードを忘れてしまった場合は、ログインページに表示されるパスワードを忘れた場合をクリックします。ユーザーが登録メールアドレスを再入力した後、管理者は新パスワードを再作成するためのリンクをメールでユーザーに送信します。ユーザーは、登録ユーザー名、パスワード、その他全ての活動内容の機密性を保持する責任を負います。アカウントが不正にアクセス、利用されていることを発見した場合には、管理者に協力して解決するように連絡してください。
noomo利用に際して、プロフィールページの個人情報を変更または更新することができます。しかし、紛争や技術的問題を解決すること、noomo の安全な運営に関する法的措置を実施すること等を目的として、管理者はユーザーの古いデータを復元する権利を有します。
管理者は、ユーザーから提供された情報が不正確である場合、またはユーザーが不正行為や、日本の法律又は本利用規約に違反していると判断した場合、ユーザーに事前に通知せずにユーザーアカウントを一時停止または、削除する権利を有します。
2. 個人情報管理者は、個人情報を保存し、必要があればユーザーと連絡することを目的としてユーザーが登録したアカウント情報、あるいはnoomoを利用する際に得た個人情報を使用する権利を有します。ユーザーは、提供する個人情報が十分かつ正確であることを保証しなければなりません。noomoの利用に際して、ユーザーによって提供された個人情報が不正確であることを起因とする、ユーザーの権利もしくは利益への影響に関して、我々は、一切の責任を負いません。必須情報、任意情報を含むプロフィールページに入力された個人情報は、本利用規約の第3条の規定に従い、機密情報として取り扱われます。
3. noomo上の個人情報の公開管理者は、他のユーザーまたは第三者に、名前、性別、プロフィール写真、年齢および、本条本項の1に規定される任意情報などのユーザーの個人情報(ユーザーの銀行口座情報を除きます。)を表示し、公開することができます。noomoを利用する際に、他のユーザーとの対話の過程で、noomoのスクリーンやインターフェイス上で自主的に共有する個人情報については、ユーザー自身が一切の責任を負います。我々は、ユーザーが他人に個人情報を開示するにあたっては、細心の注意を払うことをお勧めします。開示された、もしくは漏れてしまった個人情報に関してサポートが必要な場合、管理者に連絡してください。
ユーザーによる保証
ユーザーは、以下のいずれにも該当しないことを保証します。
  • 本利用規約の第 1 条に記載されている目的以外で食事会グループ(以下「グループ」といいま す。)を組成し、参加すること。
  • 本利用規約の第 2条 1項 2に違反すること。
  • noomoへのアクセス制限・防止措置を回避するために策略すること。
  • noomoへ不正にアクセスすること。
  • noomoを破壊すること、過大負荷をかけること、内容を過度に入力すること、またはnoomoおよび他のユーザーへ悪い影響を与えること。
  • 本利用規約に違反すること。
  • noomoが準拠する法令に違反すること。
第 3条:個人情報に関する機密保持
我々は、本利用規約の第 2 条 2 項に記載された情報の機密を保持するため、適切にセキュリティ対策を行います。我々は、以下の各号を除いて、営利目的で第三者に個人情報を売買、交換、共有、また はこの機密保持条項に違反しないことを保証します。
  • 本利用規約の第2条2項3に記載される場合。
  • noomoの利用に際して必要なユーザー情報をレストランに提供する場合。
  • ユーザーが同意する場合。
  • 日本の法律、規制に従って当局により開示が
  • 要求される場合。
  • 既に公表された情報または第三者によって表示された情報である場合
第 4条:noomoの内容
  1. noomoの情報内容
noomoに表示される情報は、レストランやその他の第三者(以下「第三者」といいます)によって利用されます。ユーザーは、第三者によって提供されたnoomo上の掲載情報から生じる損害に関して、我々が一切の保証責任、損害賠償責任を負わないことに同意するものとします。
2. noomoのサービス内容
noomoは、人々をマッチングしてグループを組成し、レストランで食事会を楽しんでいただくサービスを提供しています。noomoによって、グループは、以下の手順に従って設定されます。
ステップ 1:グループを作成する。
  • オーガナイザーのみが、グループを作成することができます。グループを作成した者は当グループのメインオーガナイザーとなります。
  • 食事会は事前に設定された時間制とし、事前に予約したメニューの通りに料理や飲み物が提供されます。グループを作成した後、メインオーガナイザーは、日付、時間、参加人数分のコースメニューなどの基本情報を選択します。このコースメニューには、コースメニューの価格(税込み)(以下、「食事代」といいます)、料理、飲み物、レストラン名、レストランの住所、オーガナイザーフィーなどの情報を含みます。オーガナイザーフィーは、食事代に基づいて、サービスパッケージ毎に設定されます。オーガナイザーフィーはグループが作成された後に、メインオーガナイザーの画面にのみ表示されます。
  • メインオーガナイザーは上記の基本情報を選択した後、本条本項2の規定に従ってこの時点で、または本条本項3の規定に従ってメインゲスト参加前に、あるいは、本条本項2のケース 4 に記載されるトップシークレット機能を使用することにより、サブオーガナイザーを招待することができます。
  • 次に、メインオーガナイザーは、オーガナイザー全員の食事会までのタクシー代、食事会 グループの名称、及び参加者数を確定します。
  • 上記のグループに関するすべての情報を選択した後、noomoのキャンセル規定に基づいてキャンセル料金表(キャンセル時間、キャンセル料金、お詫び金)がnoomoの画面上に表示されます。メインオーガナイザーは、当キャンセル料金表を理解、同意の上で、食事会を開催するというボタンを押します。この時点で、当グループは正式に作成され、食事会の情報は、他のユーザーのnoomoページに表示されます。
  • メインオーガナイザーは、同じ時間と場所で複数のグループを作成することはできません。メインオーガナイザーは、本条本項4の規定に従い、グループの情報を更新、変更または、削除(成立前のグループのみ)することができます。
ステップ2:サブオーガナイザーを招待する。
  • メインオーガナイザーはサブオーガナイザーとして他のオーガナイザーを選択して、招待します。ケース1:ペアフレンドリストnoomoでは、ユーザーがペアリストからの他のユーザーとペアを作ることができます。この機能では、ユーザーがその方の同意を取ることなく、食事会のペアを確定させることができます。この場合、メインオーガナイザーはペアリストからサブオーガナイザーを選択することで、選択されたオーガナイザーはnoomoからの通知を受け取り、自動的にグループのサブオーガナイザーとなります。
  • ケース2:フレンドリストメインオーガナイザーは、フレンドリスト(まだペアが成立していない、ユーザーリストの友達)からサブオーガナイザーを選択して、招待します。選択されたオーガナイザーは招待を承認または拒否することができます。招待を承認することで、選択されたオーガナイザーは、当グループのサブオーガナイザーとなります。
  • ケース3:ユーザーリストメインオーガナイザーはユーザーリスト(まだペアが成立しておらず、友達登録もしていない)からサブオーガナイザーを選択することができます。この場合、メインオーガナイザーは当ユーザーを友達として登録した後に、上記のケース 2に基づいて招待します。
  • ケース4:トップシークレット機能メインオーガナイザーは、食事会に参加するゲストの好奇心を刺激するためにトップシークレット機能を使用することができます。この場合、グループのページにサブオーガナイザーの画像と情報は表示されません。メインオーガナイザーは、上記のケース 1、2、3に基づいてサブオーガナイザーを選択した後に、トップシークレット機能を使用することができます。なお、noomo のアカウントを持たない方を選択する場合には、食事会開催の24時間前までに、その方はnoomoのアカウント登録をする必要があります。トップシークレット機能を使用する場合は、メインオーガナイザーは、食事会開催の24時間前までにサブオーガナイザーを確定し、グループのページを更新する必要があります。この場合、サブオーガナイザーの画像と情報は、他のメンバーのグループページには表示されません。
    メインオーガナイザーが食事会開催の24時間前までにサブオーガナイザーを確定できない場合、noomo運営事務局は食事会をキャンセルすることができます。この場合、メインオーガナイザーは、本条第 5項及び 6項の規定に従ってキャンセル料を負担しなければなりません。
ステップ 3:メインゲストは、サブゲストを招き、参加申込をする。
  • グループが作成された後、ゲストはグループへの参加申込をすることができます。メインオーガナイザーがゲストの参加申込を許可した場合、そのゲストはメインゲストとなります。メインゲストは、本条第 3項に定める決済総額を支払うものとします。ゲストは、グループページを通じて食事会名、オーガナイザーの情報、食事時間、レストランの住所、人数分のコースメニュー、決済総額、オーガナイザー向けタクシー代などの食事会の情報を入手します。ゲストは、グループへ参加申込をする前にサブゲストとなる他のゲストを招待します。サブゲストの招待方法は、本条第 2項ステップ 2に定めるサブオーガナイザー招待の場合と同様です。 ゲストは、サブゲスト確定後、またはトップシークレット機能を使用した後、決済総額を支払うためのクレジットカード情報を入力します。クレジットカード情報を入力した後、 オーガナイザーに通知したものと同様の、noomoのキャンセル規定に基づくキャンセル料金表が、ゲストのnoomo画面上に表示されます。ゲストは、上記のキャンセル料金表に同意する場合、メインオーガナイザーのグループへの参加申込ボタンを押します。メインオーガナイザーは、メインゲストを選択する権利を持っており、ゲストからの参加申込を許可することができます。申込許可後は、他のゲストからの参加申込は自動的に拒否されます。メインオーガナイザーがゲストからの申込を許可した時点で、当該食事会の決済総額は、自動的にそのゲストのクレジットカードを引き当て処理します(実際にはメインゲストが予約確定をタップしたタイミングで決済されます)。その時点で、そのゲストはメインゲストとなり、メインゲストに同行して参加することを同意したゲストはサブゲストとなります。noomo は、不正確なクレジットカード情報を原因としてユーザーが支払いを実行できないことに関して、いかなる場合も責任を負いません。
ステップ4:グループを確定する。
  • グループは少なくとも開催 24時間前(即時募集の場合はその限りではありません)までに確定する必要があります。決済総額支払後、グループが正式に確定します。その時点で、レストランはnoomoからの情報を受け取り、成立したグループの情報通りに、テーブルを予約します。但し、提携店舗外の場合はこの限りではありません。グループページには、決済総額、食事会ステータス(食事会開始から終了までのカウントダウン)、人数分のコースメニュー、グループのメンバー、開催時間と場所(開催場所の情報と地図、GPSでのガイドを行います。)が表示されます。また、本条第 4条の規定に基づいてグループチャットが作成され、グループのメンバーでのチャットが可能になります。
ステップ5:食事会をアレンジする。
  • 提携レストランは、場所、時間、食事、飲み物などの情報に関する予約情報に関する責任を負います。提携レストランが事前に設定されていた情報と実際に提供されたサービスの違いから損害が生じる場合は、提携レストランが責任を負わなければなりません。ユーザーは、実際に提供されたサービスが、事前に設定されていた情報と異なる場合、我々が可能な範囲で速やかに支援できるよう、管理者に連絡して下さい。グループのメンバーは、予約時間通りに提携レストランへ自分で移動します。提携レストランは事前に予約した通りのコースメニューを提供すること、メニューの食事、ドリンクの量と質に関する責任を負うものとします。ユーザーが食事や飲み物を追加注文した場合、または設定時間の2時間を超えた場合には、提携レストランはグループに追加料金(あれば)を直接請求します。我々は本追加料金に関しては、一切の責任を負いません。食事会に関する費用の支払いは、以下の第 6項1に規定されています。提携外のレストランを使用する場合は、提携店舗外手数料として、一人当たり500円の手数料が発生します。
3. 食事会グループの決済総額について
  • 決済総額は、以下の費用を含み、メインゲストにより支払われます。
  • 提携レストランにより提供される参加人数分の食事代(税込み)。
  • 提携店舗外の場合は一人につき500円の手数料。
  • 提携レストランにより各オーガナイザーに対して、食事代の 0%〜30%で設定されるオーガナイザーフィー(メインオーガナイザーにのみ表示されます。)
  • オーガナイザ全員分のタクシー代(上限1万5千円/人)
  • 上記総費用額(飲食代、提携店舗外手数料、オーガナイザーフィー、タクシー代を含みます。)(税込み)の12%として計算されるアプリ手数料(決済手数料を含みます)。
4. グループチャット
グループが成立次第、グループチャットが作成されます。ユーザーは、グループチャットで共有しているすべての内容について一切の責任を負うものとします。
管理者は、以下の各号のいずれかに該当する場合、ユーザーのコメントを処理または削除する権利を有します。
  • 本利用規約の第2条第1項2に記載される禁止事項の内容を含む場合。
  • 猥褻、攻撃的、中傷的な内容、もしくは公序良俗、社会通念上不相当である内容を含む場合。
  • 日本の法律に違反する内容を含む場合。
  • noomoの規定に準拠しない内容を含む場合。
グループチャットのコメントの内容に関するお問い合わせがある場合は、管理者にご連絡ください。
5. 食事会のキャンセル
本条第5項および第6項2に基づいて、食事会のキャンセルを行うことができます。食事会のキャンセルはnoomoアプリを通じて行うものとします。
オーガナイザー(メイン、サブ)が通知することなく予約時間に食事会に来ない場合、その食事会はキャンセルされたものとみなします。また、オーガナイザー(メイン、サブ)は、本条第 6項2に規定するキャンセル料金表に従い、キャンセルした場合のキャンセル料金を支払うものとします。なお、本人が参加確定の意思表示をした後のキャンセルは、いかなる場合であっても本人の食事代の100%をキャンセル料金として支払うものとします。
ただし、サブオーガナイザーが食事会に来ない場合、メインオーガナイザーは、メインゲストの同意を前提に、まだnoomoのアカウント持たない女性、もしくは他のオーガナイザーを食事会に招待することができます。まだnoomoのアカウント持たない人を招待する場合、その人は食事会に参加する時点で noomo のアカウントを登録する必要があります。その後、メインオーガナイザーはグループページで、そのサブオーガナイザーの情報に更新します。もしメインオーガナイザーがサブオーガナイザーの情報をnoomo 上で更新せずに食事会を行う場合、noomoは当該食事会の情報に基づいて登録されたサブオーガナイザーにオーガナイザーフィーを支払います。
サブゲストが予約時間に食事会に来ない場合、食事会はキャンセルにはなりません。この場合、メインゲストは、noomoのアカウントを持っているかどうかにかかわらず友人を食事会に招待することができます。
食事会のキャンセル料金に関する支払いは、以下の第 6 項2に記載の通りです。
6. ユーザーへの支払い
1. 食事会が適切に行われた場合
オーガナイザー(メイン、サブ)は、食事会終了後、オーガナイザーフィーとタクシー代を受け取ります。
オーガナイザーフィーはオーガナイザー(メイン、サブ)のそれぞれに分けて支払われま す。
オーガナイザーへのタクシー代はオーガナイザー(メイン、サブ)にそれぞれに分けて支払われます。
2. 食事会がキャンセルされた場合食事会がキャンセルされた場合、オーガナイザー(メイン、サブ)はオーガナイザーフィーおよびタクシー代を受け取ることはできません。食事会がキャンセルされた場合、メインゲストにより支払われた、本条第 3項に記載された決済総額は、メインゲストに返金されます。
メインゲストによって食事会がキャンセルされた場合、メインオーガナイザー、サブオーガナイザーそれぞれにお詫び金が支払われます。オーガナイザーによるキャンセルの場合、メインゲストへお詫び金が支払われることなく決済総額が返金されるのみです。キャンセル料金、お詫び金は本条 3項に定める食事代に基づいて計算されます。詳細は以下です。
キャンセル日時 キャンセル料金 お詫び料金
支払側 食事代に対する (%) 受取側 食事代に対する (%)
3 日前 MG 30 MO, SO 2.5/人
MO, SO 30 MG -
1 日前 MG 50 MO, SO 5/人
MO, SO 50 MG -
当日 MG 100 MO, SO 7.5/人
MO, SO 100 MG -
無断キャンセル MG 150 MO, SO 7.5/人
MO, SO 150 MG -
MG: メインゲスト
MO: メインオーガナイザー
SO: サブオーガナイザー
3. 支払期間、支払方法について
我々は、食事会に関して本条に基づく食事代、オーガナイザーフィー、タクシー代、キャンセル料金、お詫び金を毎月5日と20日締めで集計します。その結果、noomoからの支払残高がプラスである場合にはユーザーが受け取れる金額を、残高がマ イナスの場合にはユーザーが支払わなければならない金額を各ユーザーに通知します。
ユーザーに支払義務が生じた場合、ユーザーはnoomoからの通知受け取り日以後10日以内にnoomoが指定する銀行口座に振込む責任を負います。
noomoは、上記の通知に従い5日締めの支払に関しては同月15日に、20日締めの支払に関しては同月30日にユーザーに送金します。振込手数料は各ユーザー負担とします。
7. アプリの通報機能
食事会での迷惑行為や利用規約に違反する行為を発見した場合には、速やかにアプリの通報ボタンより情報を送ってください。なお、食事会で危険な状況に陥る可能性を感じた場合には、警察へ通報して助けを求めてください。
第 5条:知的財産権
noomo は、我々が所有する登録ブランドです。我々は、noomoに関連する全ての商標、商号、サービス名、コンテンツ、その他noomoに関連する知的財産権上のすべての項目を所有、保持しています。これらの知的財産権は、知的財産法によって管理されています。当社の書面による事前の同意 がない限り、ユーザーは、いかなる方法でもnoomoからのコンテンツ、情報、画像、グラフィック ス、ビデオ、オーディオ、ソフトウェアコード、設計および、その他noomoの知的財産権に属するものの一部もしくは複数を、コピー、変更、送信、派生物の作成、複製、他のバージョンでの使用、商業的に配布することは認められません。
第 6条:免責事項
我々は、本利用規約に定める免責事項に従い、以下の場合には責任を負いません。
  1. 我々は、noomo の運営が常に最善の状態にあるよう努めます。しかし、ウイルス、定期メンテナンス、アップグレード、緊急修理、通信回線の障害など(を含みますが、これに限られません。)の技術的な原因に基づく場合、もしくは、noomo 運営を直接的、間接的に影響を与える第三者の責めに帰するべき事由により noomo の運営が中断された場合、我々は責任を負いません。
  2. いかなる場合でも、ユーザーによる個人情報の管理もしくは紛失等、ユーザーの責めに帰する損害について、我々は責任を負いません。また、noomo上で行われるユーザー間の相互交流、関係、情報交換について、我々は責任を負いません。さらに、noomoに関連する、もしくはnoomo上のユーザーの行為について、我々は責任を負いません。
  3. 法律に定めのない限り、不可抗力、または日本の法律の規定基づく我々のコントロールの範囲を超えた理由によって発生した事由について、我々はユーザーに対して責任を負いません。
  4. 我々は、第三者によって提供された情報について責任を負いません。不正確もしくは虚偽の情報を発見した場合は、管理者まで連絡して下さい。
第 7条:警告、一時的なアカウントロック、アカウントの削除
ユーザーが本利用規約の条件に違反した場合、管理者は事前にユーザーに通知することなく違反行為の程度に応じて警告、一時的なアカウントロックもしくは、アカウントを削除する権利を有します。本利用規約に違反した理由によりアカウントを削除されたユーザーは、別のアカウントを再登録することはできません。また、ユーザーが自分のアカウントで投稿したコンテンツについては、ユーザー 自身が法的責任を負います。
第 8条:変更、追加する権利
  1. noomoアプリ
    我々は、いかなる場合でもユーザーに事前に通知することなくnoomo上のコンテンツ、形式や情報を変更する権利を有し、ユーザーに対して当該変更に関する損害を補償する一切の責任を負いません。
  2. 利用規約
    我々は、いかなる場合においても、ユーザーに事前に通知することなく本利用規約の内容を変更、追加する権利を有しており、ユーザーに対して当該変更、追加から生じる損害を補償する一切の責任を負いません。我々は、ユーザーに対し、noomoを利用するにあたって本利用規約を定期的に確認することをお勧めします。
    本利用規約のいずれかの条項が何らかの理由で無効または履行不可能となった場合も、その他の条項は引き続き有効かつ履行可能とします。
第 9条:苦情、紛争について
noomoの利用に関して、紛争が生じた場合、当事者は紛争解決のために、十分に協議を行います。協議で紛争を解決できない場合、当事者のいずれかは、管轄裁判所に紛争解決を要求することができます。いずれの場合でも、本規約解釈また紛争解決のため、日本国の法律が適用されるものとします。
最終更新日:2017/08/07